管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「太陽系のそと|銀河系」

「太陽系のそと|銀河系」



 70mm角のガラスキューブのなかに、約8万個の星々をレーザーで打ち込んだ、銀河系の立体造形。国立天文台 4D2U プロジェクトのデータをもとにしており、銀河系の姿を正確に表現している。

今まで写真でしか見ることができなかった銀河系を、立体的に四方八方から眺められる。
4D2U という現時点で世界最高峰の銀河系データを元にしており、キューブの大きさは 70mm角。銀河系の端っこにある地球がキューブのちょうど真ん中に来るようにデザインされているため、銀河系の中心部はやや片側によった位置になっている。
ガラスの屈折により立体的な映り込みが生じ、ひとつの銀河が複数に見えたりする。
   



■メーカー/販売元 リビングワールド

■価格比較・購入は こちら


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://stationary82.blog27.fc2.com/tb.php/99-4f7f0402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。