管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ショットノート ホワイトボードタイプ

ショットノート ホワイトボードタイプ


 ホワイトボードとして使い、スマホで撮影すれば歪み補正してデジタル画像化

製造/販売キングジム
製品情報ショットノート ホワイトボードタイプ
価格比較ここをクリック 

特殊マット加工されたボード画面は照明の映り込みを軽減。裏面はマグネット加工されており、スチール製の壁などに貼り付けることができる。サイズは 600×800mm。



スポンサーサイト



ポータブルアクティブスピーカー「X-ViZ(クロスヴィズ)」(THM-EH01)

ポータブルアクティブスピーカー「X-ViZ(クロスヴィズ)」(THM-EH01)


 プレゼンテーション時におけるノートPC、また出張時におけるスマートフォンとの連携といったビジネスシーンでの使用を想定したバスレフ方式のポータブルスピーカー

製造/販売コクヨS&T
製品情報ポータブルアクティブスピーカー「X-ViZ(クロスヴィズ)」(THM-EH01)
価格比較ここをクリック 

ロボットデザイナー松井龍哉氏によるデザインで、オーディオテクニカと共同開発したもの。
本体サイズは 162(幅)×32(高さ)×23(奥行き)ミリとコンパクトでありながら、内蔵アンプの最大出力は 600 ミリワット+600 ミリワット。低音を増強するためのバスレフポートを搭載するなど、携帯性だけではなく、音質も意識した。
接続方法は 3.5 ミリステレオミニプラグで、電源は単 4 アルカリ乾電池×2(別売り)。プラグの脱着により電源を ON/OFF するプラグ連動型電源を採用している。






自動日付印「スグオシ」

自動日付印「スグオシ」


 自動更新なので、日付を押し間違える心配が無い

製造/販売キングジム+シャチハタ
製品情報自動日付印「スグオシ」
価格比較ここをクリック 

本体と印章ケースを兼ねた日付更新用のコントローラー部分で構成され、印章面は 15mm 丸形でスタンプ台を使用してなつ印するゴム印タイプとなっている。デスクの引き出しに収納できるサイズで「月・日」が自動で更新されるため、なつ印の際にダイヤルを回して合わせる必要がなく、日付の押し間違いを防ぐことができる。また、日付変更機能も搭載され、任意の日付に合わせたい場合はコントローラー液晶モニター上で確認しながら変更できる。

なお、日付以外のマスター部分の印面については「スグオシ」本体ご購入後、商品に同封される専用ハガキまたはインターネットから作成を申し込み、後日届けられる仕組みとなっている。






小型ホッチキス「Vaimo11 FLAT」

小型ホッチキス「Vaimo11 FLAT」


 2枚から40枚までを針を替えずにこれ1台でOK。グッドデザイン賞受賞

製造/販売マックス
製品情報小型ホッチキス「Vaimo11 FLAT」
価格比較ここをクリック 

よく使われる 10 号針では 10~20 枚のコピー用紙を綴じるのがやっと。それより厚い書類を綴じようとすると、いきなり 3 号という太い針と大型ホッチキスが必要だった。
本製品は、10 号針と同じ細さで新開発の 11 号針を使うことで、従来のホッチキスと同じサイズ、力加減で 40 枚まで綴じられるようになった。もちろん、綴じ方式はフラットだ。
本体サイズは幅 68×長さ 30×高さ 107mm。

*カラーバリエーション

HD-11FLK/Bブルー
HD-11FLK/B
ブルー
HD-11FLK/Rレッド
HD-11FLK/R
レッド
HD-11FLK/Yイエロー
HD-11FLK/Y
イエロー
HD-11FLK/Kブラック
HD-11FLK/K
ブラック
HD-11FLK/Wホワイト
HD-11FLK/W
ホワイト
 
**オプション
マックス ホッチキス針 No.11-1M
マックス ホッチキス針 No.11-1M
  






カッター「キリヌーク」

カッター「キリヌーク」


 雑誌や新聞の記事やレシピ、気に入った写真をスクラップするのにカッターを利用している方は多いと思うが、必要なページだけ切り抜くには力加減にコツがいる。本製品は、力加減に左右されずに一番上の紙だけ切れるという1枚切りカッターだ。

製造/販売オルファ
製品情報カッター「キリヌーク」
価格比較ここをクリック 

普通のカッターと異なる点が 2 点ある。
まず 1 つ目は、本体側面に、「MIN」「MAX」と目盛が書かれたアジャスターが付属していることだ。このアジャスターとは、刃にかかる圧力を手動で調整できる調整装置で、これによって色々な紙の厚さに合わせて表面の 1 枚だけを切り取れることが可能だ。
もう 1 つは、刃がほんのちょっとしか出ないことだ。このちょこんと出た刃が、1 枚だけ紙を切るのに適しているのだ。

普段よく使っているペン達と一緒にしてもなじむので、デスクのペン立てに一緒立てておいても邪魔にならない。スクラップをよくする人には、いざという時にサッと使えて、便利なアイテムとなるだろう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。